2019年07月1日

前回の記事で、お互い今使っているハンガーに不満を感じていることが分かった2人。

早速ハンガーに感じている課題点を1つずつクリアし、理想とするハンガーの形を具体化していくことにしました。

肩の角度が悪いと服に跡がつく問題

まずは肩の角度が悪いと服に跡がついてしまうという問題。薄手のシャツやニットなどでよく起こってしまう現象です。

平岡
服好きとしてこれは絶対イヤだな。

堀口
ウチはなるべく肩幅の広いハンガーを使ったり、細いハンガーだと跡が目立つから太めのハンガーを使うようにしてるよ。

平岡
あとは角度だね。水平に近い角度のものは跡がつきやすいから、しっかりと肩部分の曲線のアールが付いているハンガーが良いと思う。

服にハンガー跡がついてしまう問題に関しては、上記のような3つの改善策が見つかりました。

首元が広い服がずり落ちてしまう

次は首元の広い服がハンガーからずり落ちてしまう問題。カーディガンや女性ものの洋服などは、特にずり落ちやすい服の1つ。

堀口
ニットカーディガンとかは、知らない間にクローゼットの中でずり落ちてるんだよね

平岡
これも肩幅がきちんと広いハンガーを使えば解決すると思うな

堀口
あとは表面がサラサラしたアルミ素材は特にずり落ちやすいから、素材選びでもできることはありそうだね

というわけで服がずり落ちる問題に関しても、上記の2点を満たしていれば大丈夫という結論に至りました。

本当はパンツも全部ハンガーにかけたい

パンツも出来る限りハンギングしてしまっているという堀口。いまは専用のパンツハンガーを使っていますが、本当は1つのハンガーで済ませたいのだとか。

堀口
パンツハンガーは便利なんだけど、やっぱりハンガー1つで服もパンツもかけられたらいいね

平岡
1ジャンル1アイテム信者だ…

堀口
パンツハンガーはこうやって、クローゼットに掛けたままでも横からパンツを引っ張り出せるのが便利なんだよね。普通のハンガーにもこういう機能が欲しい。

ハンガーとパンツハンガーを一緒にしたい。難しそうですが実現したら確かに便利そうです。

どうせなら全部同じもので揃えたい

ふたりともなんだかんだ家では複数のハンガーを使っていますが、本音はクローゼットの中のハンガーは1つで統一したいと思っています。

平岡
1ジャンル1アイテムじゃないけど、やっぱりハンガーも統一感があった方が格好良いよね。

堀口
「これだけでいい」って思える格好良いハンガーが良いな〜〜

せっかく作るならハンガー選びを終わりにできる格好良いハンガーを作りたいということで、デザインにもこだわりたいです。

コンセプトに沿ってアイデアを形にしていく

話し合いをして、作りたいハンガーのおおよそのコンセプトが2人の間で固まってきました。

これらの要素を取り入れて簡単に描いてみたのが上のようなイラスト。ハンガーの片側が一部欠けていて、ここからパンツをスライドさせて出し入れできるというものです。

まだアイデアが散らばっている状態なのでごちゃごちゃとしていますが、ここからブラッシュアップしてアイデアをさらに洗練させていきます。

堀口
これなら機能性もあって、かつ見た目も可愛くなりそう!

コンセプトデザインができたので、次回は製作に着手するための協力者や工場探しをしていきます。次回もお楽しみに!

dripからの情報をLINE@でお届け!

今後dripからのお知らせは公式LINE@にお送りすることにしました!

新製品の開発ストーリーやおすすめ製品情報、プレゼント企画なども実施していく予定です。よければ登録してくださいね!

【登録はこちらから】dripと友達になる