2020年03月6日

この製品の開発ストーリー

Aを想定して作った製品がユーザーによって、製作者の意図とは全く異なる使い方をされる。そんなことがモノづくりの世界ではよくあります。

私たちが作った「CHIP」という小さな小銭入れも、実際にユーザーの姿を見ていると、解釈の仕方によって様々な使い方ができることに気が付きました。

“小銭入れ”ではないCHIPの使い方

昨年10月に行った渋谷マルイでの期間限定ポップアップ(#ドリップのお店)や、その後の展示会や各種イベント。

「最小の小銭入れ」というコンセプトのもとに誕生したCHIPですが、ユーザーや購入してくれる方々の声に耳を傾けていると、想像以上に小銭入れ以外としての使用が多いことに気が付きます。

実はdripメンバーの使い方も、以下のような感じ。

平岡

そういえば、みんなCHIPってどんな感じで使ってる?

大竹

私はピアスとか入れるアクセサリー入れとして使ってます。

堀口

なるほどね、僕はSDカードを入れてることが多いかな。どうしても小さいから、失くしそうそうだから。

平岡

なるほど。僕もどうしてもPRESSo小銭が入らなくなった時以外は違うものを入れてることが多いんだよね。

大竹

結構そういう使い方してる人多いですよね。

堀口

確かに言われてみると…僕たちは小銭入れとして作ったけど、実際は“プチポーチ”として使ってる人の方が多いのかもしれない

プチポーチとして広がる可能性。みんなのCHIPの中身

鍵やイヤホン、さらにはアクセサリー、SDカードなど、シンプルな構造だからこそ「こんな使い方が…!」と製作者の私たちですら、ハッとさせられるような使い方をしている方が沢山。

そこで今回、改めてCHIPユーザーの皆さん使い方をチェック。プチポーチとして皆さんがCHIPにどのようなものを収納しているのか、少しだけご紹介させて下さい。

小銭入れとして

もちろんですが、小銭入れとして。この小ささながら、100円玉なら大体10枚、500円玉は8枚ほどを収納できます。同じくdripからリリースしているコンパクト財布PRESSoとの相性は抜群です。

アクセサリー入れ

女性ユーザーで多かったのが、この使い方。ポップアップの際、店頭でも「これくらい小さい収納探してたんです!」という声も沢山いただきました。女性はポーチを持ち歩く方が多いので、バッグinバッグならぬ、ポーチinポーチとして使うと良いかもしれませんね。

ヘアゴム入れ

アクセサリーとも近いですが、髪をくくることの多い女性はヘアゴムを収納しても良いかもしれません。

ピルケースとして

意外な使い方だったのが、こちら。プラスチックのピルケースは沢山市場にありますが、たしかにこうしたレザーなどは見かけないですね。

SDカード入れ

ガジェットユーザーはSDカード入れとして使っている方が多数。撮影の際に必要不可欠ですが、複数管理していると、どうしても小さいため無くしやすいのが欠点、、、こうしてCHIPに収納しておくと、すぐに見つけることができて便利です。

お菓子入れ

dripメンバーの中にはお菓子を入れて持ち運んでいる者も。確かにガムやアメって、一度開けてしまうと散らばりがちなので、CHIPってちょうど良い大きさかも。

ちょっとひと工夫して

本体も小さいCHIPは、カバンの中で探すのに手間取ってしまうことも…そこでユーザーの皆さんは紐やカラビナでカバンや鍵につけたりと一工夫して使っている方も。

皆さんの使い方をもっと知りたい

小銭入れという枠組みを超えて、アクセサリーケース、ピルケース、SDカード入れなど、様々な用途で利用していただいているCHIP。

dripは皆さんの声を真摯に受け止め、今後も着実にものづくりをアップデートしていきたいと考えています。もっともっと可能性を広げるためにも、みなさんも使い方をTwitterのハッシュタグ「#プチポーチの使い方」を利用して、私たちに教えて下さい!


TwitterへCHIPの使い方をシェアする

これからも、一緒にCHIPライフを楽しみましょう。